認知症と民法「第1巻」のご紹介

公私で支える高齢者の地域生活 第1巻
「認知症と民法」が出版されました。認知症の人を地域で支援するために民法、医療、個人情報の視点から書かれた実践本です。
具体的な事例をあげ、わかりやすく書かれています。

編者:小賀野先生、成本先生、藤田先生
出版社:(株)勁草書房様
シリーズ全3巻:第1巻 認知症と民法 第2巻 認知症と医療 第3巻 認知症と情報
※第1巻 第2章2では、SCMCの代表理事も執筆しております。